コラム

【コラム】職場を見渡して思ったこと『あ。これ働きアリの法則やん』

更新日:

Pocket

全国1億3000万人の皆様
どうも、管理人です。

突然ですが、働きアリの法則 ってご存知ですか?どこかで聞いた事はあると思います。

【概要】

・働きアリのうち、よく働く2割のアリが8割の食料を集めてくる。

・働きアリのうち、本当に働いているのは全体の8割で、残りの2割のアリはサボっている。

・よく働いているアリと、普通に働いている(時々サボっている)アリと、ずっとサボっているアリの割合は、2:6:2になる。

・よく働いているアリ2割を間引くと、残りの8割の中の2割がよく働くアリになり、全体としてはまた2:6:2の分担になる。

・よく働いているアリだけを集めても、一部がサボりはじめ、やはり2:6:2に分かれる。

・サボっているアリだけを集めると、一部が働きだし、やはり2:6:2に分かれる。

(Wikipediaより引用)

アリの巣を観察すると、2割は働き、6割は普通に働き、2割は巣の周りをウロウロしているだけ。と言う研究結果が実証されているそうです。

これは 人に対してもよく例えられていて、どのような組織や集団も『よく働く人が2割、普通の人が6割、サボる人が2割』だと言われています。

また、2割の優秀な人だけを集めたグループを作っても、2割のサボる人だけを集めたグループだけを作っても、しばらくすると2:6:2に分かれるみたいですね。

しかし、アリの場合は働くアリと働かないアリはローテーションして入れ替わっているそうですが、
過去に色んな仕事をしてきた経験から人で例えると、働かない人は ずっと働かないですよねw

『この人は働かないアリだけを集めたグループに入れられても、また2割の働かないアリになるんだろうな〜。』って人、いますよね笑

管理人の職場は、今の社長が独立する時に いわゆる"よく働く2割だけ"を連れてきたはず なのに、ふと全体を客観的に見ると『働きアリの法則』に基づいた構成になってる気がします(´-`)

ちなみに 普通レベルの中学校から
2割の勉強が得意な生徒が偏差値の高い高校に。
6割の普通の生徒は普通ぐらいの偏差値の高校に。
2割の勉強が苦手な生徒が偏差値の低い高校に進学した場合、進学した先で また2:6:2に分かれて
偏差値の低い高校の勉強が出来る2割は普通ぐらいの偏差値の高校の勉強が苦手な2割と同等の学力になり、
偏差値の高い高校の勉強が苦手な2割は普通ぐらいの偏差値の高校の勉強が得意な2割と同等の学力になる。

と言うデータがあるみたいですね。
もはや、サボるサボらない話題から離れてしまいましたが笑

 

皆さんの周りは どうでしょうか?

仕事自体は好きでやっていますし、貰えるモノは貰っているので特に不満はありませんが (¥v¥)

 

会社という組織にいる以上、理不尽や不公平だと感じてしまうことはあります。

頑張ってることを
認めてもらえない時もある。

それを『虚しい』って言葉で
表して良いなら

『虚しい』ときなんて
きっと たくさんありますよね。

でも、それだけが全てなのか。

果たして
見返りを求めるためだけに
自分は頑張っているのか考えたら
それは…違いますよね。

見返りが欲しいために
頑張っているんじゃない、

『頑張りたくて頑張っている』だけ

 

といった感じでしょうか笑
書きたいことが全然 まとまっていませんが、そんな今日 この頃でございます(*´-`)

情報を調べて みっちり書く記事と並行して、たまに こうゆう記事も更新しますので お時間があれば読んでくださいな( ˘ω˘ )

以上、普通に働く6割の中のアリの雑談でした(ᵔᴥᵔ)

The following two tabs change content below.
このブログ管理人です。 テーマにこだわらず、気まぐれで色々な記事を更新いたしますので、宜しくお願い致します。 読んで良かった記事はTwitterやFace bookなどの各種SNSでシェアしていただけると、とても嬉しいです。

-コラム

Copyright© 血と汗と涙の結晶 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.