イベント

『交野ヶ原フェスタ 3・2・1』日本遺産登録を目指す市民プロジェクトが開催!【参加レポート】

投稿日:

Pocket

 2018年3月21日「春分の日」に【交野ヶ原フェスタ 3・2・1 〜春爛漫!夢を叶えよう!〜】が岡東中央公園(大阪府・枚方市)で行われた。このイベントは、大阪府 枚方市と交野市に位置する丘陵地「交野ヶ原」に広がる天空の地上絵を、文化庁が認定する「日本遺産」の登録を目指す市民プロジェクトが開催したものである。

(画像提供:天の川・交野ヶ原日本遺産プロジェクト)

大雨の中で始まった交野ヶ原フェスタ

会場のメインステージでは、オープニングを務める和太鼓 龍の会から始まり、総合司会の藤本幸利さんの進行のもと、来賓の関係者の挨拶。

実行委員長の中野一雄さんはイベントの代表者として登壇し、枚方市と交野市の両市長がプロジェクトに理解してくれている事をはじめ、出演者、出店ブース、企画運営にボランティアとして支えてくれている方々、このイベントに関わってくれた全ての人たちの協力のおかげで開催する事が出来た事に感謝し「この交野ヶ原フェスタが枚方市と交野市の大きなイベントとして、これからも発展していく事を願っています。晴れを喜び、雨を喜び、そして、人々の幸せを願い、豊作を願って、祈りを捧げてきた交野ヶ原の先人の想いが、雨の形となって表れているのだと思います。交野は全国でも有数の美味しい水、綺麗な水の出る所です。今日は、そうゆう想いで、雨の中でのお祭りを先祖の皆さんは歓迎してくれているように思います。そんな中で、雨に彩られたこの会場で交野ヶ原フェスタが開催された事に大変、意義を感じています。どうか、今日一日は楽しんでいただきたい。雨を喜んで、雨の中でのお祭りを楽しんでいただきたい。」と語った。

登壇した実行委員長の中野 一雄さん

演奏を終えた和太鼓 龍の会

 

来賓の挨拶が終わる頃には雨も上がり、メインステージでは枚方市と交野市にゆかりのあるアーティストや、地元を中心に活動する団体など総勢17組の出演者や、ご当地のゆるキャラによって盛り上げられ、祝日という事もあり、家族連れをはじめ、多くの来場者で賑わい始めた。

地元に特化した出店ブース

「出展ブースでは、郷土料理や地ビールを味わうことができ、枚方・交野の歴史資料を展示しているブースや、体験型のワークショップがあります。普段から支えてくれている地域のお店や企業・団体に出店してもらいました」(技術部長 談)

会場の岡東中央公園に設置されている温度計によると、気温は8℃。連日 降り続いている雨の影響で3月下旬にしては かなり肌寒い。出店ブースの中でも特に人気があったのが、郷土料理のごんぼ汁。枚方市内の小学校にも給食でも出るらしい。

素朴な味で、とても温かい。なにより懐かしい。

 

体験型のブースで、特に印象深いのが悪い夢をバクに食べてもらおうと言う企画(笑)

お祭りやイベント行事で目にする体験型のブースと言えば、何かを作ったり、絵を描いたり、デザインや色を選んで作ってもらったりするのは よく見かけるが、まさか自分の悪夢や、なくしたい自分の性格を紙に書いてカプセルにいれてバク神様に食べていただくとは(笑)

~感想~

感想なので、もう普段通りに書きますね(笑)

冒頭でも書いたとおり、交野ヶ原フェスタは「日本遺産」への登録を目指す市民プロジェクトの一環です。

ユネスコが認定する世界遺産とは違って、文化庁が認定する日本遺産は、地域の歴史的魅力や特色を通じて文化・伝統を語るストーリー を「日本遺産(JapanHeritage)」に認定するとともに、ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の文化財群を地域が主体となって総合的に整備・活用し、国内外に戦略的に発信することにより、地域の活性化を図る。と定めています。

つまり日本遺産は、建造物や史跡ではなく、その地域に伝わるストーリーに対して認められます。

この「交野ヶ原」に広がる天空の地上絵のストーリー、初めて物語を読むと宇宙の天の川水が流れる天の川が混ざってしまうので、めっちゃ簡単に説明すると・・・

 

七夕になると夜空に見える天の川がありますよね。

1年に1度、織姫と彦星が出会える あの天の川です。

天の川の周りには、

光り輝く名前のついた星がありますよね。

 

枚方と交野には

天の川」と言う名前の川が流れています。

その天の川の周りには、神社や史跡があります。

 

その神社や史跡の位置が

天の川の周りにあり光り輝く名前のついた星の位置と

一致しているのです

 

これは偶然?

 

枚方と交野には

織姫と彦星の七夕伝説などの古い書物が

たくさん残っています。

 

偶然ではないですよね?

 

何百年も前の先人たちが

科学や技術が発達していない中で

創り上げたのです。

 

これこそが

交野ヶ原に広がる

『天空の地上絵』なのです。

 

この地に広がる「天空の地上絵」は日本だけでなく、世界にも誇るべき文化的資産だと思います。

 日本遺産を申請するには、枚方市・交野市の行政が手を取り合って文化庁に申請しなければいけません。

 交野ヶ原の「天空の地上絵」は行政主導ではなく、市民が立ち上がって市民プロジェクトとして、2020年の東京オリンピックまでに登録を目指す。

 それが【天の川・交野ヶ原日本遺産プロジェクト】

そんな想いが たくさん詰まったイベントだから、今日は交野ヶ原フェスタに参加しました。正直に、とても楽しかったです。色んなことがあったり、時間はかかるかもしれないですが、その強い意志は大人たちを動かせると思います。

おわり

【天の川・交野ヶ原日本遺産プロジェクト】

The following two tabs change content below.
このブログ管理人です。 テーマにこだわらず、気まぐれで色々な記事を更新いたしますので、宜しくお願い致します。 読んで良かった記事はTwitterやFace bookなどの各種SNSでシェアしていただけると、とても嬉しいです。

-イベント

Copyright© 血と汗と涙の結晶 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.