ニュース・まとめ

【迷惑メール】Appleやamazonを名乗った巧妙化する手口。

更新日:

Pocket

こんにちは、管理人です。

 

皆さんは、迷惑メール来てますか?

 

メジャーな迷惑メールと言えば、架空請求出会い系闇金の融資などなど。

「定番!」と言ったらアレですが、だいたい そんな感じの一目見れば迷惑メールだと分かるものばかりだと思います。

 

ちなみに管理人は、こんなメールが毎日きてます(汗)

 

そんなメールに加えて、巧妙な手口のメールが送られてきたので紹介します。

 

Appleを名乗った迷惑メール

まずは、こちらのメール。

 

 

まず、注目していただきたいのが

差出人の欄がAppleになっています。

 

送信側の設定で任意の名前にして送ることが出来ますが、名前をタップしてアドレスを見てみると…

Appleではない海外のドメインのようなアドレスです。

 

そして、本文の[Apple IDを確認する]と書かれた青いポップアップ。

これをタップしてサイトに接続すると、偽サイトにアクセスさせられます。

 

偽サイトにアクセスすると・・・

URLを見ると明らかにおかしいのですが、限りなく本物のサイトに似せて作られています。

 

ここにApple IDとパスワードを入力したらオワリなのです…。

 

ちなみに、この偽サイト。

背景は本物っぽく出来ていますが、左上のメニューバーや右上の買い物バーを開くことが出来ませんw

 

しかしメール自体は、Appleのロゴが入っていたり、最下部にサポートセンターの住所かま載っていたりと。

とても精巧に作り込まれています。

 

 

amazonを名乗った迷惑メール

 

このメールも差出人の欄でamazonを名乗っています。

 

 

本文を読むと「利用規約に違反する購入があったので、アカウントを復旧させるためにログインしてください」的な内容で、偽サイトに誘導させようとしています。

 

一応、メールアドレスを見てみると…

「amazon」に見せるために

arnzonってなっています。。。

 

偽サイトにアクセスすると・・・

 

本物そっくりに作られたログイン画面なので、こちらもメールアドレスとパスワードを入力したらオワリです。

 

まとめ

 

本物のサイトに見せかけてアカウントの情報を入力させようとするのが、今の流行りみたいですね。

不正なアクセスをしようとしている側が「不正なアクセスがありました」と言って情報を抜き取る…。

 

…本当に許せません!!

(数日前にApple IDを乗っ取られた体験談の記事はコチラ)

 

Appleやamazonは海外発なので、本文の日本語が多少おかしくても不審に思わないかもしれせんが、少しでも変だと思ったらアドレスやURLを確認して気をつけて下さい…

 

The following two tabs change content below.
このブログ管理人です。 テーマにこだわらず、気まぐれで色々な記事を更新いたしますので、宜しくお願い致します。 読んで良かった記事はTwitterやFace bookなどの各種SNSでシェアしていただけると、とても嬉しいです。

-ニュース・まとめ

Copyright© 血と汗と涙の結晶 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.