施設紹介

【警察署で面会】友達が逮捕されたので、面会に行ってきた!

投稿日:

Pocket

こんにちは、管理人です。

 

先月の中ごろに、友人が逮捕されたので、生まれて初めて面会に行ってきました。

警察署に入ってから、どのような手順で面会したのかを出来る限り細かく書きたいと思います!w

 

はじめに

読者のアナタが、まず気になっているのは

その友達って何して捕まったの?!

だと思います。笑

 

「お金絡みの詐欺未遂」らしく、経歴としては初犯なので、保釈金なり、罰金なりを支払えば釈放されるみたいなのですが、

裁判が終わっていない。

弁護士がお盆休みなのか、動いてくれない。

保釈金が3桁万円なので、用意に時間がかかっている。

などの理由で、かれこれ1ヶ月以上も警察署の中で寝泊りしているそうですw

(拘置所じゃなくても長期滞在できるのが驚き)

 

友人の親から「お盆に時間があれば面会に行ってくれ」と言われたので、ブログネタの為に面会してきました笑

 

警察署での面会レポ

アポ無しで、面会時間内に行ったら待たされた…

インターネットでの検索によると、

面会が可能な時間は平日の午前10時~午後5時

事前に警察署に電話で確認しましょう。

と書かれていましたが、警察に電話なんてしたくなかったのでアポ無しで警察署に乗り込みました。

 

到着したのが12時35分で、受付に行くと「午後は1時からです」と言われ、警察署のロビーで待つのもアレだと思ったので、灼熱の中、駐輪場のベンチで待つことに…。

実際は、10:00~11:3013:00~16:30 らしい

なぜか近くにコンビニや自販機すら無かったのが地獄でした。

 

午後1時、チャイムと同時に呼びに来た。

市役所や病院のように学校のチャイムが鳴り響くと同時に、お昼休憩を終えた署員の方々に紛れて、警察官の制服の人が呼びに来ました。

 

階段を上がったり降りたりして、到着したのが「面会控え室」

 

ここで自分の住所氏名連絡先面会人との関係などを書かされます。

 

さらに、[面会に来た理由]を選ぶチェック項目がありましたw

「面会に理由も何もねーよw」と思いながら、「俺たちはファミリーだ!」との思いを込めて[家族の接見]にチェックをしましたが何も突っ込まれませんでした。

 

最後に身分証明書を確認して「面会室」に通されました。

 

人生初の面会室

映画やドラマでしか見たこともなく、まさか自分が入るなんて思ってもみなかった面会室に入りました。

 

中は本当にシンプルでした。

 

まず、携帯電話の電源を切らされて、手荷物を茶色い箱に置かれ、パイプ椅子に座って待つことに。

(クーラーがガンガンに効いてて最高でしたw)

 

こんな感じの真ん中に穴が開いているガラスではなく、

大きいガラスが上下で区切られていて、下の部分に穴が開いているタイプの仕切りでした。

 

穴が二重構造になっていて、細く丸めた紙や針金を渡すのは無理そうですw

 

何よりも印象的で、複雑な気持ちになったのが

ガラスの上のほうに、手形がついていました、、、

 

この面会室で、どんなドラマがあったのか、想像すら出来ません…。

 

実際に面会してみた

しばらくすると、友人が警察官と一緒に登場。

元気そうとか、落ち込んでそうとかではなく、とにかくダルそうでした笑

 

面会時間は15分なのですが、それを計っているが冷蔵庫にくっ付けるキッチンタイマーで、めっちゃ可愛いデザインでしたw

 

警察官が机で、会話の内容を全て記録するのかと思っていましたが、パイプ椅子に座って待っているだけでした。

 

とは言え、会話する内容は言葉を選ばないと、ややこしい事になりそうだったので事件のことには触れずに、雑談や、シャバで起きている出来事の話題をメインに、2人しか伝わらない内容をギリギリ 話しました。

 

アラームが鳴ると、警察官が「終了ーーー!!!」と、明らかに有り得ない声量で叫んでマジでビビりました・・・。

 

面会が終わると、自分を案内してくれた警察官の姿は無く、本当に帰って良いのか分からない雰囲気の中、警察署を後にしました。

 

近日公開!!

もし、無事に友人が釈放されたら、

面会では話せなかった警察署内での食事内容や、1日の暮らしなどインタビューする予定ですので、お楽しみに!笑

 

もし、宜しければTwitterのフォローもお願いします。

The following two tabs change content below.
このブログ管理人です。 テーマにこだわらず、気まぐれで色々な記事を更新いたしますので、宜しくお願い致します。 読んで良かった記事はTwitterやFace bookなどの各種SNSでシェアしていただけると、とても嬉しいです。

-施設紹介

Copyright© 血と汗と涙の結晶 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.