コラム

【コラム】価値観が変わった!値段の書いていない古びた床屋さんに行った話。

投稿日:

Pocket

こんにちは、管理人です。

 

先日、家の近所にある営業しているのかしてるのか、していないのか分からない古びた床屋に行ってきた話をします。

 

その床屋は、70歳ぐらいの夫婦が2人でやっていて自宅兼店舗の "昔からある散髪屋さん" って感じのお店です。

 

なぜ、そんな床屋に行こうと思ったかというと「自分しか客の居ないような床屋なら、出来るだけ細かく注文を言えそう」って理由です(笑)

 

普段から行く床屋も決して悪いわけではなく、2千円あればシャンプーも付いて 流行りの髪型にもしてくれるようなチェーン店ですが、

回転率を重視しているのかテキパキしすぎているし、途中で注文を言うのが少し気まずい感じなので、気分でお店を変えてみました。

 

オシャレな髪型を求めて美容室に行くのもアリですが、今回はショートカットにしたいと思っていたので短髪に3千円以上はアレかな…。って感じでしたw

 

せっかくなら 家から一番近い 地元の床屋さん を選んだって訳です。

 

そんなこんなで、来店。

お店に到着しました。

透明なガラス製のドアは開きっぱなしで、白い制服?をきた70歳ぐらいの おばあちゃんが新聞を読んでいました。

 

「すみませーん、散髪お願いします。」

 

長い間、来客が無かったのか

おばあちゃんに驚かれました。

 

すぐに施術用のイスに案内されて、マントを巻かれて待つ事に。

 

(´-`).。oO(床屋って先払いのイメージだけど後払いかぁ。そういえば料金表とか無かったけど大丈夫かなぁ…)

 

そんな事を考えながら店内を見渡すとTHE 昭和って感じ。

ポスターから備品まで、なんとも言えないレトロな雰囲気。

ラジオから流れる音質も昭和で、とても懐かしくて良い味が出ていました笑

 

おばあちゃんは助手みたいな存在で、ご主人が自宅から来るまでの間に、頭を濡らさずに座ったままシャンプーをされました。

 

シャンプーが終わると蒸しタオルで頭を拭かれて、霧吹きで全体を梳かし終わった頃合いで ご主人と交代。

 

ご主人「今日は、どんな感じで?」

管理人「全体的に短めでお願いします」

 

もみあげや襟足などの細かい注文は、短くなり始めてから言おうと思っていたので最初の会話は それだけでした。

 

施術開始

普段、行く床屋ではバリカンを使われる所も全てハサミで切ってくれて、髪の量が多い部分は流れ作業の如く「すきバサミ」で すいてもらっていましたが、切る部分を細かく分けて丁寧にハサミで切ってくれました。

 

それは70歳を超えた ご主人の"身体の衰え"が理由ではなく、本当に丁寧に切っている感が伝わってきました。

 

かれこれ、散髪が始まってから1時間が経過。

 

普段なら40分もあればシャンプーまで終わっている頃です。

 

予定の無い日に来ているので時間に余裕はありましたが、プロの理容師に1時間以上も髪を切り続けてもらって、まだ終わっていない。

 

(´-`).。oO(これ、もしかして。総合理髪で7〜8000円ぐらい掛かるタイプの高級理髪店か。。。?

 

逆に不安になってきました…。

 

施術が始まってから約1時間半。

ようやく全体的なカットが終わり、散髪用のマントから防水マントに交換されました。

 

どうやら、シャンプーされるのがデフォルトのようです。

 

そのシャンプーも普段いく店なら5分ぐらいのところ、10分ぐらいされました。

 

それが終わると、顔剃りです。

 

案の定、めっちゃ丁寧にやってくれて顔剃りだけで30分ぐらいでした。

 

(´-`).。oO(顔剃り好きなので、長ければ長いほど嬉しい。

 

顔剃りが終わり、仕上げに微調整。

 

夕方に入店したのですが、

日も暮れて外は真っ暗。

かれこれ2時間半経っていましたw

 

シャンプーの時までは

「これはヤバイ。絶対、超高級店の床屋だ。散髪に7〜8千円コースだ…」

と思っていたのですが、

 

自分に掛けてくれた時間を考えると

「これ1万円でも安いんじゃないか?」

って思えたんです。

 

髪を切ってもらうという事は、

イメージと違って「不満」か

イメージ通りの「満足」か

思ったよりも良くて「大満足」の

3つの感想しか存在しないと思っていたんです。

 

でも髪型の仕上がり うんぬんではなく、丁寧な施術内容で、長い長い時間を自分に掛けてくれたことに「感動」したのです。

 

「それは管理人が、しょぼい店にしか行った事がないからでは?」

と言われれば、それまでなのですが…笑

 

まさか、家から近いって理由だけで選んだ床屋で「感動」するなんて思っていなかったです。

まさに、灯台下暗し!

 

あ。ちなみに、"感動と満足の違い"については、過去に記事を書いているので良かったら読んでください笑

▽その記事はコチラ▽

【コラム】『満足』と『感動』の違い

 

気になるお値段は?

ベテランの理容師さんを時給2,000円で2時間半 雇ったと考えても5,000円。

 

散髪屋さんとしての相場から考えると"高い"ですが、これだけ時間をかけて丁寧に施術してくれたのだから

「それぐらいなら払っても良い。このお店の割引券を持っていたとしても、あえて出さずに正規の料金を払います。むしろ、自分の価値観を変えてくれた この床屋に払わせてほしい!!」

 

おばあちゃんが言った金額は…

3,500円

 

安い…、いやっ床屋の相場で見ると、ちょい高いかなって感じですが感覚的に「安すぎる」と思いました。

 

そこでお店の人に

「いやいや、安すぎますよ。5千円だすのでお釣りは結構です。」

と言うのは簡単でしたが、それは野暮と言うか、逆に失礼かもしれないし、そもそも そんな事を言うキャラじゃないので

5,000円札を出して1,500円もらって帰りました。笑

 

まとめ

結局のところ…

散髪屋に行ったら、思っていた以上のサービスを受けられて感動して値段も安かった。

って話ですw

 

「なるべく安くて、質の良いサービスを受けたい」としか思っていなかった床屋に

「こんなに良くしてくれたから、その対価を是非とも払いたい。」というマインドになれた事、

「感動を与えてくれて本当に ありがとうございます」って感情を

床屋が与えてくれた事が衝撃的すぎてブログの記事にしました。笑

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
このブログ管理人です。 テーマにこだわらず、気まぐれで色々な記事を更新いたしますので、宜しくお願い致します。 読んで良かった記事はTwitterやFace bookなどの各種SNSでシェアしていただけると、とても嬉しいです。

-コラム

Copyright© 血と汗と涙の結晶 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.