仮想通貨

2017年12月から全く知識のない状態で仮想通貨を始めて2ヶ月が経ちました。 【中編】

更新日:

Pocket

どうも、管理人です!

この記事は前回の続きになりますので、まだ読まれていない方は【前編】のリンクを貼っておきます。

映画『スターウォーズ』は4→5→6→1→2→3って観ても楽しめますが、このブログは1→2がオススメです…

 

(´-`)つ 【前編】

 

前回の記事では

寝て起きたら総資産が増え続ける日々が続いて6万円が9万円になったところで終わりました。

今回は、その続きである暴落を初めて経験した話です。

12月22日 金曜日の夜。

日課であるコインチェックのチャートを確認した瞬間、軽く青ざめました。(˙-˙)

もちろんヤバすぎてスクショは撮りました笑

(※画像はbitFlyerです)

1800円ぐらいで買ったモナコインがほぼ半額に。全ての銘柄が見事に真っ赤になっていてコインチェックの6万円も投資した額すら大きく下回っていたのです。

投資は自己責任。最悪の場合、無くなっても良いお金でやるべき。

って言うのは仮想通貨を始める時に肝に銘じていましたが、実際に全てを失ってしまうかもしれない状況になると焦ってしまうと言うか、冷静には居られないです。笑

無くなってもかまわない お金なんて1円もないのですw

もし本当に持っている通貨の価値が無くなってしまい、仮想通貨を辞めた後であれば『リスクのある事をやっていたのだから仕方がない。100倍を見るためには、100分の1を覚悟しなければならない。』なんて自分に言い聞かせて割り切ることが出来ますが、この暴落は今現在。リアルタイムで起きているので 何か行動しないといけない。

ここで自分の選択肢は3つでした。

  1. 6万円が4万5千円になったのは残念だが、今よりも下落する前に損切りをする。
  2. 再び上がる事を祈って放置(ホールド)する。
  3. 通貨の購入価格の平均を安くする為に、買い増し

この記事のタイトルや前回の記事でも言った通り、仮想通貨の知識は全く無い状態で まともな情報も無い状況です。

いったい、今なにが起きているのか。リアルタイムな情報を知るためには、まずTwitter。情報を集めなければ正確な判断は出来ないと分かっていても

価格がぐんぐん下がり続けるチャートを眺めながら、まともな情報を集めることも出来ずに自分で判断しようとしました。価格が ほんの少し上向きなる度に損切りしようか何度も迷いました。ちなみに買い増しはリスキーすぎると思って真っ先に選択肢から消えましたw その選択肢が最初から無かったと言っても過言ではないです笑

結果、自分が選んだのは価格が回復するのを祈ることです。(*_*)

ここでパニックになって損切りした人も本当に多いと思います。俗に言う狼狽売りですね。中には、いったん損切りをして更に価格が下がってから買い戻しをした人も居るでしょう。

 

その後、Twitterで情報を集めていると

暴落した原因と言うのがウクライナの取引所で60,000BTC(1,200億円相当)が盗まれたと言う事件。

 

なぜBTCが盗まれて暴落が起きたのか?

  • ビットコインを始め、仮想通貨全体の信用が下がった為に日本円やドルなど その国の法定通貨に換金された。
  • 膨大な金額の盗まれたビットコインが仮想通貨交換所で換金されれば、ビットコインの価値が下がる。

それらが原因で売りが売りを呼んで どんどん価格を下げた。

少しだけ解説すると・・・

仮想通貨の価値は、実用性や信用度が有名になり欲しがる人が多ければ価格は上昇して、今回のようにマイナス要素が出た通貨や通貨を開発している企業からマイナス要素を含む発表があった場合には、その通貨を持っている人たちによる失望売りなどによって価格は下落する。

ビットコイン以外の仮想通貨(リップルやネムなど)全てをアルトコインを呼び、アルトコインは日本円やドルなどの法定通貨と交換する[円建て、ドル建て]の他に、ビットコインと交換[ビットコイン建て]が出来るので、そのビットコインが変動するとアルトコインもつられて変動する。(なぜ、つられて変動するのかは、また別の記事で詳しく説明します)

 

なので、ビットコインが暴落したので つられて仮想通貨全体が暴落が起きた言うのが今回の流れになります。

 

結論から言うと暴落は一時的なもので、翌日にはピーク時の9万円ほどではないですが、資産がプラス領域に戻りました^^

と言うことは暴落中に買い増しをした人や、偶然にも暴落中に仮想通貨を始めた人は資産がプラスになっていますね。

個人的には、『買い増しをすれば良かったと言うよりも、相場が回復して良かった』と言う安心感のほうが大きかったです笑

ちなみに友人は、狼狽売りをして1900円で買ったモナコインを1100円で売って仮想通貨を引退したそうですw(なので、もう友人は登場しません。笑)

 

そんなこんなで初めての暴落を経験した訳なのですが、暴落から学んだ事が1つだけあります。

正しい情報が何よりも大切である事。

とても極端な話をすると今回の暴落の原因が、全世界で仮想通貨を禁止。日本の仮想通貨交換所は全て閉鎖。仮想通貨で得た利益に莫大な税率を発表。だった場合、仮想通貨を引退する事が最善の選択肢だったかもしれません。

しかし今回の場合は、一時的な暴落だったので相場は回復しました。これは回復したと言う結果論ですが、今現在なにが起こっているのか全く知らない状態だと今回の自分のように 分からないまま不安にもなりますし、人によっては狼狽売りをして損をしてしまいます。買い増しをする選択肢が真っ先に消えて、将来的に得られたであろう利益が失われる機会損失をしてしまうかもしれません。

 

情報を持っている人と、情報を持っていない人の差。本当に大きいんです。

仮想通貨に限らず、とても大事ですよね。

情報を知らない人たちを騙してお金儲けするような悪い大人、めっちゃ多いです。

胡散臭いビジネスの話、そうゆう人から言葉って聞こえは良いですが詐欺紛いな内容だらけです。

世の中の酸いも甘いも見分けられないが故に、つけ込まれている人たち。たくさん居ます。

 

なので出来る限り、質の高い情報を集めて欲しいですし、このブログでは良い面、悪い面。メリット、デメリットも含めて正確な情報、残酷なまでのリアルを発信できればと思います。

 

 

この流れ、LINE@のリンクを貼って登録をお願いする感じですが、やってないです。笑

 

質の高い情報なんてTwitterにゴロゴロ転がっているので、例えばインフルエンサ―と呼ばれる人たちが発信する情報を見極めて それを判断するだけでも全然 違ってきます。

一応、このブログにもコメント欄がありますので質問や感想などがあればお答えさせていただきますし、記事の更新をお知らせする用のTwitterアカウントも作りたいので、その際はフォローお願いします。(゜.゜)

LINE@の予定は、ありません笑

 

 

・・・・・・・・・・あっ。

また話が脱線しました笑

 

暴落の話題+αだけで結構、長くなってしまったので次の記事に持ち越したいと思いますw

最後まで読んでくださりまして ありがとうございました!

 

【後編】に続きます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

The following two tabs change content below.
このブログ管理人です。 テーマにこだわらず、気まぐれで色々な記事を更新いたしますので、宜しくお願い致します。 読んで良かった記事はTwitterやFace bookなどの各種SNSでシェアしていただけると、とても嬉しいです。

-仮想通貨

Copyright© 血と汗と涙の結晶 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.